WILLCOM話:2009年のウィルコム

まいど
早いもので新年も始まって既に1週間
センター試験までも10日ばかりになってしまった
うーん、間に合うかなぁ…

ここの更新も一ヶ月まるまる滞ってしまったので、久々に書いてみることにした
…ていうか、かなりタイムリーな事に、今日は新機種の影が一つ見えてきた
Intelの新プロセッサMenlowを搭載したものが今年後半に出るとかで
WILLCOMもその予定の中に手を挙げているみたいだ

こういう早い動きは見ていて良いもんだねぇ

そんなところも踏まえて、一年後の新年の年明けの事を考えてみた
まぁ、鬼が笑うと思うけど

まず第一に、2009年のWILLCOMで最大の注目点は間違いなくXG-PHSだと思う
予定では2009年の4月に試験サービスの選考導入をして
10月には全国のサービスを始める事になっているけど
これがもっとインパクトがある新生WILLCOMの象徴になるように
いっそのこと、2009年元旦から開始となれば
来年一年の話題の先頭を走れるんだろうなぁ、なんていう風にも思ったり

機種・プラットフォームについては、どれだけ"普通な"W-ZERO3が出るか、かな
今の聞こえている限りのニュースでは、1/18にWM6.1の機種と
あとは冒頭に挙げたMenlow機が出現間近ってところだろうけど
これらが別物としても、4月にWM6.1機・7月にMenlow機が来て最速くらいかな
とりあえずの予想だけどもね

そして、WM7やらPXA300シリーズのプロセッサやら、機械としてはいろいろ控えているけど
この辺をベースにして、電話・メール・webだけに絞った端末にまで手を拡げられれば
存在感がかなり強まると思う

まぁ、妥当な線としては、Menlow機のPCフォン二代目がXG-PHS用に来て
WM7+PXA300なハイスペックスマートフォンが現行とXGの間に入って
WM6.1機が現行の中核に来る感じなのかな
ここにWM6.1のロースペック機種でシェルをがっちりかぶせて普通っぽくしたのが来れば
スマートフォンが特殊ではなくて、WILLCOMの機種はこういうもんだ
っていう主張もできるようになるんじゃないかなぁ

ともあれ、こういった他社が入って来ない領域で強力なサービスを出して欲しいなぁ、と
今年、2008年は今持っているesとドSで十分とも言えるし(笑)
是非とも、来年の頭にがつんと

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-01-08 23:23 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:プロジェクタ... 機械話:ノートプリンター >>