WILLCOM話:ウィルコム動画生放送

まいど
センター試験まで、ついにあと3日になってきた
勉強に疲れてくると、ついブログを書きたくなってしまうあたり
危険だなぁ、と思ったり(笑)

妙な話だけど、勉強にはDSがものすごく役に立っている
幸か不幸か苦手な社会はDS用ソフトが出揃っているから
日本史の勉強なんかはDSだけで受けるような現状だったりする

数学や理科のソフトは全然出てないけど、まぁ、そっちは問題なしだし

今も、日本史DSトレーニングの教科書読み上げを聞きながら
まぁ、ぽちぽちと…

さてと、あんまり長い時間をかけているわけにもいかないので
そろそろ本題に移ろう
今回は、次世代PHS、最近ではXG-PHSとかXGPって名前も通りがよくなりつつあるかな
これでやって欲しいなぁ、ってサービスの話だ

大容量・高速通信の重要なコンテンツとしては、動画が有力だと思うのだけど
既にYoutubeやニコニコ動画が広まっているから
単に見られるだけなら、XGPで実現する20Mbpsの速度があれば
視聴に関しては問題ないと思う

ここで、他社のモバイルWiMAXはおろか光回線も相手に張り合うには
もう一段階上のサービスがあると面白いんじゃないかな
今は録画した物をアップロードして、ただそれを見るだけだけど
モバイル端末での動画と言うことで、その機動力を活かして
録画しながら生放送で流す方式の動画に対応して欲しいなぁ、と思う

これは、リアルタイムでアップできるってだけじゃなくて
対話型番組を個人で作れてしまう、ってのが一番のポイント
XGPの回線を通じて、動画のアップと同時に視聴者からのメールも受け取れて
同じ端末での作業だから、メールを読んで要求にも応えられるわけだし
例えば、遠隔地家庭教師みたいなものと番組の融合もできるかも
問題を解く様子をアップしつつ、その都度質問はメールや電話で聞いて
リアルタイムで動画に対応を反映させていけるからね

使い方も、ボイスミーティングのような使い方が出来るといいかも
月額1050円くらいでアップロードスペースのアドレスを契約して
言わばそこを個人のTV局みたいに使うようにして
アップする動画は全てそこに送ってしまうのだ

基本は生放送のストリーミングだけれど
配信者本人の設定で、そのデータを自分のHDDに保管したり
追加のストレージ契約をすれば、一度放送した物をサーバー上に保管して
再放送も見られるようにすればいいかな
まぁ、この辺はニコニコ動画とかと同じように考えてもいいかも

そしてもう一つ
この動画サイトをWILLCOMの看板にするために、ポイントサービスをするのだ
…アフィリエイトみたいなもんだけどね
動画を閲覧してもらうと、閲覧回数がそのまま作成者のポイントになって
そのポイントで通話料に充てたり、公式サイトでの支払いに充てたり
作成者がちょっと得をする仕組みにしておくのだ

こんな仕組みで、次世代は『WILLCOMで動画を配信しよう!』というサービスを
大々的にやったら、また一つ新たな領域を開拓できるんじゃないかな
『モバイル動画配信定額はWILLCOM』って事でね

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-01-16 23:53 | WILLCOM話


<< 機械話:今こそ赤外線対応PC 機械話:息でシャッター >>