機械話:今こそ赤外線対応PC

まいど
2日間に渡るセンター試験も何とか終了
あんまり無事じゃないけど、一通り全科目を受験して帰ってきた
…感想としては、無闇に量だけ水増しした感じ
深い洞察力で気付いて欲しい、という問題よりは大量の問題を素早く、ってのがほとんどで
一旦書き損じたりすると、もはや戻っている時間がないような印象だった

まぁ、一応平均84点だから、まぁまぁなのかなぁ…
書き間違いで30点くらい損していたから、不本意ではあるけれどねぇ

とはいえ、これを挽回するのは次の本試験になる訳だから
また改めて勉強しないとなぁ

あ、そうそう、英検DSと代ゼミのセンター英語DSだけで勉強してたのに
英語は200点を取ってしまった'`,、(´∀`) '`,、
テスト帰りに、試験会場の隣り(徒歩一分)のマダマダな電機店に寄って
TOEIC TEST DSを買ってきたから、引き続きやってみることにしよう~

さてと、明日はWILLCOMユーザーとしては待ちに待った新製品発表会なんで
多少それにちなんで、PC関連の話題でも書いてみようかなと

11月にドSを買ってから早二ヶ月
あんまりスマートフォンとしては使っていなくて、通話専用だったりするんだけど
この機種で初めて赤外線通信を使ってみて、データ交換手段としては面白いなぁ、と実感
いろいろ使ってみたいなぁとは思うのだけど、携帯電話くらいしか使い道が無いことも実感

赤外線通信できるのに、赤外線が使えないの?
…モッタイナイ…

身の回りで、『これに付いていたらいいなぁ』と一番思うのがPCなんだよね
実際、内部データのバックアップやら、PCデータの持ち出しやら
メモリーカードを取り出して、ってのもそこそこ面倒だし
ケーブルを引き回すのはもっと面倒なんだよね
PCの前にぽんと電話機を置いて、そのまま通信できたら楽なのにね~

そういえば、10年くらい昔のノートPCには、大抵赤外線ポートが付いていたんだよね
その当時は携帯の普及も大したこと無かったし、赤外線も使ってなかったから
あっさりと廃れたけれどもね…

でも、今こそ、赤外線ポートをPCに搭載する時期じゃないかな、と思う
特に、今夏に出るというWILLCOMのMenlow搭載機
あれなんか、移動体電話機にして母艦にもなれるPCなんだから
赤外線ポート搭載で、もっと使い方が広がると思うんだよね

日々の細々としたデータを、赤外線で簡単に同期・持ち出しできると
モバイルPCとしてはかなり機動力が高まると思うので
ぜひともこれからのノートPCには赤外線ポートを付けて欲しいものだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-01-21 00:02 | 機械話


<< 機械話:サンドタッチ入力 WILLCOM話:ウィルコム動... >>