WILLCOM話:ハニカム電話機

まいど
今日1月23日は電子メールの日だそうな
確か元々は毎月23日が『ふみの日』だったと思うんで
それに1月(いち→い)でe-を付けて『e-ふみの日』って事なのかな?

昨日からWILLCOMでは他社とのメールの中で絵文字が使えるようになったのだけど
タイミングがすごく惜しいな、と感じてしまった
今日からにすれば、電子メールの日って名前に乗れるのにねぇ
ついでに言うと、デコラティブメールもあやかれるのにね…
いつもの事ながら、もう一段上の発想が出てこないのは惜しいってもんだ

少し話がずれるけど、心理学で『思考』について研究する中に
『集中的思考』と『拡散的思考』という働きがあるらしい
集中的思考ってのは、一つの物事に一つの繋がりを続けて
連続的に考えを進めていく脳の働きを指していて
拡散的思考ってのは、一つの物事から複数の繋がりへ飛ばすことで
これまでにない新しい発想を引き出す、独創的な脳の働きを指しているのね

今回のセンター試験なんかも見ていて思ったけど
今の年寄りは拡散的思考という発想すらなくて
集中的思考のみの世界で生きているんだろうなぁ、という空気がひしひしと感じられた
考え方の分類そのものが最初から違う人々の世界だと思う

まぁ、WILLCOMに限らずあらゆる業界のあらゆる企業で
集中的思考しか使えない世界になっているんだろうなぁ

それと合わせて、柔軟な発想を求めると標榜する物が
実のところは、は知らないと対処が難しい引っ掛けばかりで
新しい発想にたどり着く可能性のないところで止まっているのも
ああ、ここら辺が限界なんだろうなぁ、という気分になったりもする

まぁ、いいや
話を元に戻そう

今回のWILLCOMの新製品の中で、多くの人が第一声で不満を挙げている機種がある
HONEY BEEことWX331Kなんだけども
特に、『デコラティブメール対応第一弾でカメラ無しってやる気無いの?』
という意見が多く見受けられるけど…
ここでは、それとは違った視点で惜しいところを考えてみることにした

それは、端末の形状だ
せっかく蜜蜂をテーマにしていて、2台目需要に応えると明言しているなら
何も行儀正しく長方形ストレートにする必要はなかったと思うんだよね
ここは一つ、ハニカム(六角形・蜂の巣)でいって欲しかったなぁ、と

イメージで言うと、武装錬金でいうところの核金の形だね
あのぐらい思い切った形で良いと思うのよ

2台目として持つなら常時ポケットの中って事もないだろうし
大概はかばんのなかに入れておくか、または家に置いておくかだと思うから
変な形でもそれ程不便には思わないんじゃないかな
いやむしろ、変な形の方がアクセサリーとして持ち歩いてもらえるかも?

ちなみに
あのHONEY BEE、3ヶ月くらいして大型連休の頃にもう一つ動きがあって
W-SIM版のHONEY BEEが出そうな気が、ものすごくするんだよね
とりあえずは通常音声端末として無難な形で出しておいてさ
多少フィードバックが取れた物を反映して、量産型をW-SIM版で出す、って感じ

そこでカメラ付きとか画面サイズ変更とか外部メモリー対応とかバリエーションを付けて
但し、若干割高で、でも開発費がかからない分で利益率が凄く高い
そんな展開が来そうな気がしてならないのさね

もし、そんな事が起きるんだとしたら、六角形で出してみて欲しいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-01-23 23:44 | WILLCOM話


<< WILLCOM話:メーラー二枚起動 機械話:サンドタッチ入力 >>