WILLCOM話:糸電話機

まいど
新年が始まったかと思いきや、早くも今日で1月は終わりだ
もう2月かぁ…
入試シーズンのこの時期、センター試験を過ぎてからは
時間の経過が早いんだよねぇ
時間が足りないと思いながら高密度に過ごしているからなのかな?

でもその一方で、新機種が発表されてから発売までを待っていると
何とも長い感じがするんだよね
奇しくもHONEY BEEの発売は2月下旬の、国立二次試験の頃
…長くて丁度、かな?(笑)

そういえば11月から続いていたキャンペーンであるウィルコム感謝祭も
今日1月31日が最終日だ
新規も機種変も手数料が無料になるから
これを機会に4回線目としてnico.でも、と思っていたけど
個人契約は3回線までで一旦ブレーキがかかるからね…
わざわざ住民票を用意してまで契約するのもどうかと思っているうちに
どうやらタイミングを逃しそうな感じ

ていうか、また延長しないかな、キャンペーン…
あと、nico.+の分割負担金も改定にならないかな…

親とかにとりあえず軽く持っていてもらうためだけの端末っていうと
やっぱりnico.が一番手軽でいいんだよね
もうちょっとW-SIM機で気軽なものが増えてくれるといいんだけど
なかなか増えないもんだ

そんなところから
今回は、W-SIM機でこんなお遊び端末が出たら面白いかな
という物を考えてみた
テーマは、糸電話だ

筐体の形ありきな端末になるのだけれども
まず形は紙コップ型というか、じゃがりこのカップみたいなのがいいかな
あの、ふたがしてある感じがまさにイメージ通り
それで、あのふたの所に黒電話のダイヤルを付けるのだ
そしてこのダイヤルの中央の部分には、更に受話用のスピーカーを装備
ダイヤル兼スピーカーという事にする

マイクやオンフック・オフフックキーは、カップの縁の側面に配置
メールとか液晶画面とかは無し!
後は付けるとしたら、待ち受け用のキーロックスイッチくらいかな

そして底面には、これが一番決め手だったりするんだけども
USBポートを装備するのだ
ここにUSBケーブルを差した状態が、正に糸電話にふさわしい格好になる
コップ型にケーブルが付いてるけど、基本は無線電話機という
何とも奇妙な形式にするのだ

でも、これだけだとつまらないので、糸電話らしい事をもう一つ
この電話機自体にUSBホストの機能を持たせておいて
糸電話同士をUSBケーブルで連結すると、有線通話可能にするのだ
USB相互接続状態になると、無線での電話機能が停止されて
USB経由での有線通話通話しかできないようになる、…とちょっと考えたけど
停止にならない方が面白いかもね

例えばAとBがUSB経由で糸電話をつないでおいて
更にAがCに無線電話機として通話接続、BもDに対して通話とすれば
糸電話を仲介にして四人で通話可能、とか出来そうだからね
USBハブを利用すれば、大人数でUSB糸電話の同時通話も楽しいかも

これは、子供向け・幼児向けの電話機としても行けるかな?
W-SIM機として作っておけば、まずはW-SIM無しの状態でおもちゃとして使えるし
その後W-SIMを契約して差し込むと、本格的に電話として使えるから
W-SIMを抜いてあるときなら通話料金もかからないし
家で思う存分電話遊びも出来るよね

ていうか、電話機なのに契約無し・アンテナパーツ無しでも電話が出来てしまう
実に画期的な電話機かと'`,、(´∀`) '`,、

シンプル端末というと、どうしてもつまらない製品ばかりが出てくるけど
こういう遊び前提の端末も、がんがん出して欲しいもんなんだよね
バンダイ辺りで頑張って作ってもらえないかなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-01-31 11:23 | WILLCOM話


<< 無駄話:牛うどん WILLCOM話:オンライン説... >>