WILLCOM話:毎日メール英訳

まいど
毎年のことだけど、1月になると3・4月までは早いよねぇ…センター試験を控えると、毎日時間が足りないとか思いながら過ごすから
もうあっと言う間に国立大の入試もやってきて、そんで卒業式ってなってしまう
今年は3/1が土曜日で休みだったもんだから、明日の3/3が卒業式って所が多いみたいだ

ていうか、ひな祭りと重なっちゃうんだよね…
情緒がない日程だなぁ、もったいない
それに、まだ入試は終わらないのに高校から閉め出されるあたり
高校ももうちょっと気を使って日程を組めばいいのになぁ…

まぁ、それはそれとして
そろそろ二年生も来年に向けて準備を始める頃になってきたわけだ
そんで、そんなに向けて使える英語学習の方法とかないかな
なんて事を考えてみた

ところで、WILLCOMでは定額プランだとメールが無料なのに
いまいち活かし切れてないんだよね
メールが無料と言うことは、普段の使用でも敢えて無駄遣いできると言うことなわけで
極端な話、一回のメールが自動的に二倍三倍に増えたとしても
それはそれで特に問題はないはず

そんな所をつないで考えてみたんだけど
メールを出す度に、それが英訳されて自分の所に帰ってくるとか
メールを受け取る度に、それに英訳版もくっ付いて来るとか
そんなメールの付随サービスなんてどうだろう?

まぁ、このサービスに登録すれば、自動的にメールが倍増するけど
内容がしっかり分かっているメールが、改めて英語でも届くなら
その文章も軽く読めるわけだし
更に言うと、日常でよく使う言葉が英語になるっていう点からも、かなり便利だと思う
生きた英語ってやつだ

更にもっと付け加えるなら
その英訳の時に使った単語について、メール後半に追加してみて欲しいよね
そうしたら、それだけで単語帳みたいにもなっちゃうわけで
一石二鳥だなぁ、と

…変換候補第一が『丹後町』…
使わない単語を登録されていても困るぅ…
'`,、(´∀`;) '`,、

ま、いいや
そんな感じで、メールをがんがん利用できるWILLCOMの利点も活かして
英訳サービスをやって、でもって学生ユーザーにアピールしてみて欲しいなぁ
と思ったりする次第

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-03-02 22:36 | WILLCOM話


<< 無駄話:氷の中の彫刻 機械話:電子ペーパーなホワイトボード >>