無駄話:氷の中の彫刻

まいど
今日は何故か唐突にWILLCOMから新機種の発表をする予告の発表があった
以前にも話題に上っていたMenlowプラットフォーム採用のUMPCタイプの機種で
Intelの新CPUであるAtomを搭載して、正式に発売が決まったらしい
4月下旬に発表をするという事だから、6月くらいには買えるようになるのかな?
続報を楽しみに待つとしよう…

ちなみに
初代ニンテンドーDSが275gで、初代W-ZERO3が220gだから
大きくなってもDS程度なら全然問題がないと思うんだよね
変に機能やら性能やらを削ってコンパクトにして中途半端になるくらいなら
思い切って大きくしても構わないと思うし、その辺りの割り切りもどうなるのか…
気になるところだ
まぁ、何て言うか、『腕白でもいい、逞しく育って欲しい』といったところ

さてと、それじゃそろそろ本題に移ろうかな
3月ともなればもうぼちぼち春の訪れが期待されるわけだけども
そんな時節に逆らって、氷の彫刻の事を考えてみた
…ただし、内側にへこむタイプの彫刻を、ね

氷の塊の表面を加工して凹凸にして彫刻にするのではなくて
内側を加工して中に空洞を作って、そこを彫刻のように扱うのだ

例えばこんな方法でどうだろう?
①まず、普通の彫刻で型を作る
②その型通りで、樹脂などで像を造る
③その像を水に入れて凍らせる
④できた塊に、樹脂は溶かすけど水は溶かさない溶剤を入れる
⑤樹脂だけ溶かして、氷の中を空洞にする

融点の制御だけでできればいいんだけども
どうしても型を先に作って氷を後に作る発想にすると
型が固まりやすくて氷が固まりにくい状況になっちゃうから
融点で溶かすのはやめて、溶媒で溶かすようになりそうなんだよね

んで、これは氷以外でも活用したら面白いかも?
クリスタル・ガラス・透明なプラスチックで内部彫刻を作ったアクセサリーとかあれば
中に好みの色の液体を入れて遊ぶことも出来るし
大きく作って水筒として活用するのも面白いかもね

オレンジジュースを注ぐと中にピカチュウが浮かび上がってくる水筒とか
カッチョイイ!

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-03-03 23:48 | 無駄話


<< ゲーム話:タイピング歴史 WILLCOM話:毎日メール英訳 >>