無駄話:光輪コンパスペン

まいど
今日は大学の入学式に行ってきた
ええと、同じ大学に同期で入った普通の年齢の子にも
『ほんとに来た!』な反応をされちゃったけど(笑)
まぁ、とにもかくにも無事に二回目の大学生活を始めることが出来そうな感じ
…ていうか、一回大学院にまで行っておきながら、再び学士の方だからね
奇妙っちゃあ奇妙なんだけども
'`,、(´∀`) '`,、

とりあえずしょっぱなからTOEICがあったのだけど
はてさて、何点くらい取れるかなぁ?
750点くらい行ってると最低限の格好がつくんだけどね

そうそう、入学式で気になった事がいくつかあるんだけど
①入り口で身分チェックをされなかった
②雨なのに入り口の『入学式』立て看板がぎりぎり雨の当たる位置
③司会やらいろんな人達の挨拶は発音悪すぎ…

まぁ、今後はがんがん教授やらなんやらに物申していくことにしよう…

さてと、今回はやたらと眠いんでさくっと短いねたを
数学の問題なんかを解いていて、作図で時々困るんだけど
円を綺麗に描くってのはなかなか大変なんだよね
とはいえ、いつもコンパスを持ち歩くわけにもいかないし
常に装備していても邪魔にならないで、しかも円を描く補助になるアイテムを考えてみた

ところで、コップとかガラス瓶とかに光を当てると屈折の効果で光の輪が出たりもするけど
あれを利用して光のリングを補助に使うといいんじゃないかなぁ、という所を絡めて
そういう光の輪を発生させるような屈折帯をペンのキャップに仕込んだらどうかな?
または、小学生が持ち方を覚えるために使う指を置くための鉛筆補助具があるけど
あれに光の輪を作る素材を埋め込んでもいいかもね

それで、キャップや鉛筆補助具を光にかざすと、紙の上に光の輪を発生させて
それを元にしてもう一つのペンでなぞりながら円を描いたりするのだ

…まぁ、普通に描けばいいじゃん、という気のしないこともないけど
まずは単純なアクセサリーとして始めて、でもって後で数学に使える事を知る
ってのでもいいだろうしね(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2008-04-08 23:59 | 無駄話


<< WILLCOM話:端末型ティッシュ 機械話:虫除け車 >>