カテゴリ:擬音祭( 10 )

擬音祭:FF3の剣撃音

まいど
しばらくぶりのこのカテゴリー
FF3をやっていて、ふと思いついたので書いてみよう

剣を装備して斬り付けている時の音なのだけど
『キヘキヘキヘキヘ』
と聞こえるんだよね

基本的には、すべて無声化した発音でね
(声の響きを入れず、息の抜ける音だけで発音するってこと)
『KIHE』っていうよりは、『KH(e)』ってくらいかな
母音のiは発音せず、eもかなり弱勢になっている感じ

…つうか、活字にして見ると、怪しい笑い声にしか見えない
'`,、(´∀`) '`,、
無声音で高速発音を繰り返すと、それらしく聞こえるんだけどなぁ

でも、発音テンポを一定にしないとちょっと怖い
『キヘ』の後に『ッ』とか小さな間が入ると
途端に小物っぽい笑い声になってしまうから
注意が必要だ(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-09-02 04:32 | 擬音祭

擬音祭:コーラの炭酸の擬音1

まいど
最近ずいぶん暖かくなって
そろそろコーラのおいしい季節もやってきそうな今日この頃
というわけで、今度の擬音は、コーラで考えてみようかと

とりあえずは、コーラの缶を開けた時の擬音から

「きゅ、ざしゅう!」って感じで
缶を開ける時にプルトップに手をかけて
押し込む瞬間の音が「きゅ」
開く瞬間が「ざ」
あいて中の気が抜けるのが「しゅう」
ってところで、周辺の付随する音は、これから考えてみよう

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-05-19 02:14 | 擬音祭

擬音祭:土砂降り雨の擬音1

まいど
しばらくは和の食材関連で擬音を行こうかなとも思ったけど
最近やけに雨っぽいなぁ、とふと思い
今度のテーマは土砂降り雨ってことにしてみよう

今回は、大量に降り落ちる雨ってことで
『だばだばばばばば…。』
広い範囲に大量に、っていう雰囲気を
『ば』で表現して
時々静けさが混ざる部分を
『だ』で表現してみたけれど

はてさて?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-05-11 00:25 | 擬音祭

擬音祭:納豆をかき混ぜる時の音2

まいど
死兆星を見た男氏からの提案で、「む」をかませるとのも
動きの方向性が変わるという点で面白そうな感じがする

そこで、ふと思ったこと
「ムネオッ!」
とすると、思いっきり粘り強い納豆なイメージが
強く広がると思うのだけれど、どうだろうか…

「むのむの」や「むぬむぬ」という提案だけれど
「む」が付くと、ちょっと重たさが強まるような印象も受ける
「むねむね」や「ねむねむ」
または、「のむぬむ」とするのも面白いかもしれない

まぁ、「のののの…」に関しては
いきなり一つの完成形と言うことにしておいてしまおう

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-05-02 01:31 | 擬音祭

擬音祭:納豆をかき混ぜる時の音1

まいど
そばを食べる時の擬音は、まあまあの形に来たので
とりあえず棚上げして、新たなねたでも
二つ目のテーマは、『納豆をかき混ぜる時の音』

まずは、ねばつき感を追及して
「のののののの」
「の  の  の」
「ののの の」
まあ、『の』だけで攻めてみるところから始めてみよう

「ぬ」にするか、「ね」にするか、「の」にするか
この中で、一番かき混ぜっぽいのは、『の』かな、と
また、考えてみよう

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-04-30 10:48 | 擬音祭

擬音祭:そばを食べる時の擬音5

まいど
大体の形が見えてきたので、ひとまずまとめにしてみよう
死兆星を見た男氏の案を持ってくると
「ズァルゥゥ」や「ズァルゥゥ・・・スゥォッヴァァァ!」
この辺を利用しつつ

その1
大きく食べる分
「スォゥッヴァァァ!」

その2
小さく食べる分
「ズルィゥゥゥ!」や「ズァルィゥゥゥ!」

といったところかな

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-04-28 02:18 | 擬音祭

擬音祭:そばを食べる時の擬音4

まいど
今回問題にするのは
「そばをすするのに相応しい文字は何か?」
ということ、これに集中しよう

前回提示した「ずびゅっ」「ずびぅ」について
「び」の音は吐き出す方の音の印象が強いとの指摘を
死兆星を見た男氏から受けた

確かに、「び」は唇を閉じたところから始まる音
口から出ていくタイプの音だ
代替で提示された「ら行」の音
これは、舌先と上の歯茎から出る音だ

そばをすする時に通過する場所を考えてみた
これも舌先と上の歯茎の間を通っている
ここに「い」の音を混ぜると、口を横に張った印象がでる

この辺をまとめると、シンプルに行くとするなら
「ずりぅ、ずりぅ!」か「ずるぅ、ずるぅ!」
うわ、極めてありきたりだ…
くどく行くなら、「ズルィゥゥゥ」あたりか?
まだまだ考える必要がありそうだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-04-26 16:21 | 擬音祭

擬音祭:そばを食べる時の擬音3

まいど
今日は、別バージョンについての考察を
さきの2パターンは、すすってそして口を開くまでの一連の動作で
かつ、開放的な食べ方
それに対して、吸い込む事だけに気を配った音を少々

最初に考えたのは、「ずぶっ、ずぶっ!」
ただ、これを字面だけで見ると、足が地面にめり込むような感じ
多分、「ぶ」の音が固くて大きいものの印象なのかも
「びゅ」もしくは「びぅ」の方が、汁気が多い麺を
小ぢんまり吸っているような印象になるかも

だから、「ずびゅっ、ずびゅっ!」とか「ずびぅ、ずびぅ!」かなぁ
…これもまだまだ考察の余地が多そうだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-04-26 02:04 | 擬音祭

擬音祭:そばを食べる時の擬音2

まいど
死兆星を見た男氏からのコメントを参考に
第二段の考察に入ろうかな、と

この指摘で気付いたのは
「バ」を「ヴァ」と表現することで、開放系の「あ」に集中系の「う」を
混ぜ込む事ができるという工夫

すばらしい

「ソッヴァァァ」
とすることで、吸い込み中も口をとがらせている感じが出る

となると、吸い始めの「ソ」も少し手を加えてみようかな
「ソ」だと、「お」の音で口がやや開き気味
より口をすぼめて素早く吸う感じを出すために
「スォッヴァァァ」
としてみた

いや、「ソゥッヴァァァ」の方がいいかな?
吸い始めの音に、口を閉じた属性を持たせるには
「う」を最初の「s」の中に持たせるのと後に持たせるのと
どっちがいいんだろうなぁ…?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-04-25 02:49 | 擬音祭

擬音祭:そばを食べる時の擬音1

まいど
今日からは、そばをすする時の擬音を考えて行くので
興味のある人は、コメントしてよ

まずはシンプルに
『ソッバァァァ!』

最初の”ソ”が、口の中に入れる時の爽快感を表し
”ッ”が飲み込む時に息が止まる様子を
そして、”ァァァ”が飲み込んだ後のすっきり感を演出

ただ、問題点が
”あ”の音は解放感が強く、すすって飲み込む感に欠ける
その辺を解消できるアイデアはないものか…
これから考えよう

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-04-24 15:30 | 擬音祭