カテゴリ:WILLCOM話( 183 )

WILLCOM話:パケット定額乗り換えキャンペーン

まいど
今日は待ちわびてたマリオパーティDSの発売日!ってことで
近所にできたダメダ電機に行ってみた
…ら…

休みだった…orz

つうかさ、先週の11/2に開店したばっかりなのに、1週間以内に休みって
何て計画性のないお店なのやら
しかも、ゲームソフトの発売日に休むなんて、商売する気がないとしか言えない!

ていうかこの店舗、当初は10月開店とされていたのに1ヶ月遅れてるわけで
もう早速閉店フラグが立ってるんじゃないかしら?

だってさぁ
ウィルコム製品の扱いは全くないし、発売日に休業
開店時に見た限り、品揃えは既存の人気作ばかりで層が薄いし
パソコンコーナーも品揃えが貧弱、デジカメの展示はテーマ性なし
携帯の売り方もキャリア・メーカー・世代をごちゃ混ぜ
おもちゃコーナーにぬいぐるみは無し、ICレコーダーは1卓のみの扱い
映像系は一番奥まった所で白物家電併売

ここまでだめなダメダ電機も珍しいんじゃないだろうか…

いやね、普段よく行っている方の店舗だと
ゲームソフトの品揃えは良くて、マイナータイトルもそこそこ入るし
ウィルコムコーナーもきちっとあって、アクセサリー類も一通り置いてあるし
頑張ってる感じはあるんだけども
車で30分かかるのが難点ではあるから、10分くらいの距離に新しく出来たのは
同じ程度に使えるなら便利だと、期待していたんだけどねぇ…

駐車場と周辺道路がほぼ一方通行なのもあって
正直、使い物にならない

最近では、電機製品のほとんどを都内で買うようになっていて
ゲームソフトくらいしか利用してなかったんだけど
もう、それもいいのかなぁ…、って感じ

最初に真面目に仕事をしないお店ってのは
どうもねぇ…

まぁ、愚痴はこれくらいにして、そろそろ本題に移る事にしよう
今回は、ウィルコムが他社のお客さんを引き込むには、どうするか
こんなキャンペーンがあったらいいんじゃないかな、という話だ

まず、自分がウィルコム契約を続ける一番の理由は何か
そこから考えてみる事にすると
それはやっぱり、web接続の自由度の高さで、次はそれが単純明快な事だ

ちょっと速度は遅くて、特殊なサービスを売る事もないけど
制限が特になくて、余計な追加料金もかからずに、いつでも使えるというのが
使い続けている理由なわけだ
…W-ZERO3っていう、この使い方に最適な端末もあるしね

ってとこから、他社ユーザーに訴求するとしても
主に力を入れて宣伝していくのは、この部分だと思うんだよね

というあたりで考えたのが、パケット定額乗換キャンペーンだ
他社ユーザーで現在パケット定額オプションを利用している人を対象として
ウィルコム定額プラン+データ定額またはリアルインターネットプラスで契約すると
その後で1万円のキャッシュバックを提供する、なんてのがいいかな

そして更に、そのユーザにがフルブラウザ定額を利用していた場合は
キャッシュバックを2万円に増額したら、もっとインパクトがあるだろうね

ここで、非ウィルコムユーザー向けに料金の比較を挙げておくと
データ定額は1050円から始まって3800円で上限に到達するオプションで
下限である1050円で10万パケット、上限で36万パケット+α、となっている
リアルインターネットプラスは、速度が遅い代わりに2100円で固定されている
それに加えて
ウィルコム定額プラン自体が元々からメール定額になっているので
データ定額が純粋にweb接続しか関わらないのもポイントだ

他社の、4095円で固定な定額制とか
または5985円で別途申し込むフルブラウザ定額とか
1050円で12500パケットから始まって、上限が4410円で52500パケットだったり
2100円で40000パケットから始まって、上限が4410円で84000パケットだったり
PC向けサイトを見ると上限が5985円に跳ね上がるもの
とかと比べると、かなり余裕のあるオプションだと思う

もう一社は、PDAで使うと一万円とか行っちゃうんで、論外

料金以外でも、flashへの対応だとか、タブブラウジングへの対応だとか
データのダウンロードや画像の保存への対応やら、テキストのコピーなども
基本的に制限がないから、自由に使えるところも便利だったりするしね

こういう所をしっかり宣伝することで
サービスの内容も料金も、web利用ならウィルコムが最適って事をアピールして
他社では高額利用者であるパケット定額ユーザーをがっちり取り込んだら
大きな弾みが付くと思うな

得意分野のはずなんだから、是非とも頑張って欲しいものだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-09 03:35 | WILLCOM話

WILLCOM話:累進ポイント制度

まいど
今日も今日とてドSの話から始めてみようかなと
今日もとある知人からアカデミックパックの話を聞かれたりした
何でも、ここのところにわかに学校でウィルコムに興味を示す人が増えているんだとか

話を聞いてみると、esやドSに興味があって
実質0円になるところから、機種変ついでに使ってみたい、ってのもあるみたい
アカデミックパックも知っているあたり、かなり情報は集めている模様

ここからは推測になるけど
他社の新しい買い方が不透明なこともあって
機種変を考えてお店であれこれ注意深く調べる度合いが高まり
よそに乗り換えるとしたらどうなんだろう?
ってとこからウィルコムも眺めるようになってきてるんじゃないかなぁ…

こういう層を確実に囲えるようになるといいんだけど
残念ながらドSのアカデミックは数量限定だから
こんな田舎町の方までは行き渡らないんだろうなぁ
実に惜しい
『クリスマスって暇?』と聞かれたのに対して
『仏教徒だから関係ない!』と答えて
フラグが立つのを逃してしまうくらい惜しい!

昨日は携帯各社の10月末の契約者数が発表されたんだけど
ウィルコムだけは減少してしまってねぇ…
この手のブログでは、結構困った空気になってるんだよね
こういう所が下手だから…

多分タイミングとしては、二年前の定額プランフィーバー時の加入者が
二年経って端末の劣化から、機種変を機にやめてしまう
ってケースが多いんじゃないかなぁ…
と見ているんだけども、果たして真相や如何に?

さてと、そんでその解約の話なんだけど
他社は段々と二年拘束が当たり前になってきていて
端末は高いは辞めるのも負担金が多いはで
契約自体がかなりの慎重さを要するようになってきている

何て言うか
『離婚するなら慰謝料がっぽりもらうぜ!ゴルァ!』
と初めから言っているようなもんで
正直、はしたないなぁと思って見ているんだけども

こういう負の制約で客を縛り付けるんじゃなくて
ウィルコムには、メリットを強く打ち出しての対策を採って欲しいので
そんな対策を考えてみた

まず初めに考えたのは、『機種変割引券の配布』
販売奨励金の原資が通話料にあるんなら
年間の利用料に応じて、毎年優待券を配るのだ

…とは言え、これって、今のサポートコインと何ら変わらないわけで
あんまり意味が大きいとは思えなくて、却下

次に考えたのは、『毎月のポイントを10%
に増大』
今は利用料の2%であるポイント率を、10%に引き上げるのだ
それに伴い、サポートコインの上限も撤廃しちゃってね

ちなみに、非ウィルコムユーザー向けに少々解説しておくと
ウィルコムのポイントサービスは、前述の通り利用料の2%分ポイントが得られて
500ポイント貯まるごとに、コイン1枚に変換されて蓄積されるのだ
んで、使うときはポイントではなくコインを消費するわけで
5枚で2100円分・7枚で3150円分・9枚で4200円分という使い方や
最近の改訂では1枚500円分または1枚700円分として
オンラインショップでの買い物に充てる使い方などがあるのだ

んでも、これも問題点があるんだよね
他社のいきなり半額な基本料割引と一緒で
長期ユーザーにとっては面白くない話だし
比率が上がらないんであれば、更に長く使うにしても
何となく旨味が少ないような印象になってしまうから

なので、これも却下して、もう一段階考えてみた
それは、『ポイント率の契約年数累進制度』だ

これは、初年度のポイント率を2%として始めて
毎年1ポイントずつ上げていく仕組みだ
これだと、9年目で10%になって、19年目では20%になる
もっとも青天井だと99年目に100%になってしまうので
最高を29年目の30%で留めるくらいがいいかな

…とは言え
99年も使った人なら、ただでもいいじゃん
とも思うけどね(笑)

例えば、定額プラン開始直後から使っている人なら
今年は3年目なので4%のポイント率
仮にデータ定額を付けてフルに使っているとすると
月額利用料は6700円で、ポイントは268
一年で3216ポイントを得る事になって
次の一年では5%のポイント率になるから
月々335ポイントで、一年で4020ポイント
なかなかのポイントが付くことになりそうだ

これが、前身であるDDIPocket創業時からのユーザーだと、結構すごい事になる
13年目だから14%のポイント率になるので
同じ月額利用料6700円だとしても、ポイントは938
一年で11256ポイントも付くことになる
来年には15%だから、月に1005ポイントで、一年で12060にもなる
二年合計で23316ポイントともなれば、機種変でかなりの割引を利用できる
現在同様に機種変後のキャッシュバックとして利用するなら
3ヶ月分以上の基本料金を相殺してしまうほどだ

長期ユーザー向けの改訂という事になるけど
やってくれたら嬉しいんだけどなぁ…
…今10年目だし…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-08 03:49 | WILLCOM話

WILLCOM話:ウィルコム定額プランXG

まいど
近所に○マダ電機が新しく出来たので、覗きに行ってみた
…けど、ウィルコムの取り扱いがない事が判明したので
初日にしてほとんど利用価値がない店である事が発覚!
…がっくり

気を取り直して、とりあえず大手携帯2社のパンフだけもらい
売り場を一通り眺めてきた
パソコンやTVなどの大型家電は力を入れてる感じがしたけど
デジカメや音楽プレイヤーなんかは、ただ並べただけみたいで
メーカー毎に分類するとか、機能の系統毎に並べるとかはなくて
雑然とした感じだった
値段も微妙に相場より高いけど、ポイントは20%超という
根付けも何とも変な感じだしなぁ…

上の階に何故か本屋が併設されたりしているみたいだから
使い道はむしろそっちなのかな、という印象

それで、もらってきた各社の11月のパンフレットを読んでみたけど
…こっちも微妙…
新機種投入で新しい販売方法がスタートするというのに
記述はほとんどなし

パンフに載せずに販売体制を変えるなんて…
よっぽどやりたくないんだろうなぁ、と推察するけど
店では荒れるんだろうなぁ…

つうか、気になったのは、ポイントサービスなんかは強調しているけど
電話としての使い方に関するサービスの説明って、目立たないんだよね
通信サービスの向上って点ではもう止まっちゃったんで
あとは値段とポイントしか論点が残ってないのかも

一方でウィルコムの場合はサービス系は弱いから
メールサービスの拡充やら、2.5GHz帯での電波免許獲得・次世代PHSなど
これから矢継早にサービスを高めて行く、というかそうせざるを得ない状況
これがシンプルで使いやすい形で提供されてくるなら
結構大きな強みになってきたりもするのかな

…実のところは、ちょっと追い付くだけなんだろうけどもね

そんな所から今日の本題
次世代PHSのサービスを始める時に、どんなサービスがあれば強みになるんだろう?
って事を考えてみた

ウィルコム、というか前身のDDIPocketが他社に先駆けて導入したけれど
全然広まらなかったサービスの一つに、テレビ電話がある
…他社でも全然広まっていないけど…

次世代を始めるに当たってインパクトのある定額サービスとして
このテレビ電話を、ウィルコム同士は定額として始めたら
かなり強みになると思うんだよね
プラン名は名付けて、ウィルコム定額プランXG、とか

しかも、敢えて他社とのデータ互換性は排除しちゃってもいいかも
20Mbps以上という次世代PHSのデータ通信速度を存分に活用して
VGA・30fpsくらいのレートでやってしまうのだ
電話として提供するけど、中身は完全にIP化されたサービスとしてね

具体的にはこんな感じ
①テレビ電話ボタンを押す
②通話相手先番号を入力
③電話機は自番号と相手番号を持ってテレビ電話のアクセスポイントに接続
④アクセスポイントでサーバーからテレビ電話用アドレスを取得
⑤ライトメールとして相手番号にテレビ電話アドレスを送信
⑥相手側はまずライトメールとして呼び出しを受ける
⑦端末でテレビ電話アドレスを受け取ると接続を開始する
⑧テレビ電話アドレスへの接続をしながら端末は着信音などで使用者に連絡
⑨使用者がテレビ電話ボタンを押すと正式に接続
⑩以後はIPネットワーク上でパケット通信としてテレビ電話を行う
ってな感じで

こういう形式にしておけば、対PCのテレビ電話定額も実現しやすくなるだろうし
他社ユーザーはウィルコムに乗り換える理由にもなると思う

ていうか、他社互換だとビットレート・画質の低いテレビ電話しかできないから
あまり強みにできないと思うんだよね
よそのテレビ電話と全然違うって事を、スタートダッシュで見せる意味からも
こんな方式の方がいいかと

あ、それで、その布石として次の無印W-ZERO3後継機には
何故がインカメラも搭載して、低レート版のテレビ電話あプリを試験導入とか
ならないかな…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-04 18:39 | WILLCOM話

WILLCOM話:ドSの思い切ったCM

まいど
タッチパネルの利かなくなったesなんだけれども
火曜日に修理に出したというのに、早速金曜には修理完了の連絡が来た
機種変せざるを得ないかなぁ、とやきもきしていたけれど
これでとりあえず懸念は払拭された
しかも修理費用はかからないとのこと

これはやっぱり、上下の筐体をつなぐフレキシブルケーブルの断線
しかもタッチパネルのみという部分的な断線だったのかなぁ…
ま、動作が怪しくなった時はキーボードの開閉で止めを刺したっぽかったから
一応予想通りと言えば予想通りなんだけど…

それにしても、初代は13カ月ほどで断線したし
esも15カ月ほどで断線、開け閉め回数直結って話は確かみたいだ
1日平均10回の開け閉めと仮定すると、13カ月でおよそ4000回
15カ月でおよそ4600回だから、5000回程度が臨海値なのかな…?

でもまぁ、WVSでの修理サポートなんかも考えると
今回みたいに(前回もだけど)迅速に修理してもらえるなら
何とかなるレベルなのかな、とも思ったり
ここら辺、ドSではもうちょっとは丈夫になってるのかな?

ここの所続けて料金系の話題に触れているけど
今回はドSのアカデミックについて売り方を考えてみたので
丈夫で長持ちするかどうかは、結構興味のある話だったり

んで、11/5からアカデミックでの発売が始まるわけだけど
他社の端末販売価格が、どうしても店頭表示で高くなるこの時期
しかも、新方式だと基本的に2年拘束も普通になってくるから
機種変更を機によそへ移ろうという人もちらほら見かけるこの時期
はっきりと価格を明示した広告戦略は、そういう浮動層を一気に引き込むには
絶好の機会なんじゃないかなぁ、と思っている

よそは新機種が最低でも4万円弱、高機能機だと5,6万円って噂だから
一括購入で27600円のドSの値段をはっきり打ち出すのは
大きな武器になると思う
…決して"実質0円"という身をかわすような言い方ではなく
現金一括27600円の方ね
高いけど、よそよりは値段以上に使える事を打ち出すのだ

具体的にはこんな感じで文章タイプのCMがいいかな
あ、ちなみに、CMに出演する人は筧俊夫さんがやっぱりいいかも
これまでのつながりもあるし、はっきりイメージの強い人だしね

①筧さんがAdvanced/W-ZERO3[es]を手に立っている
②台詞『学生の皆さん、W-ZERO3がお買得になりましたよ!』
③字幕『一括価格27600円!』
④台詞『ウィルコム最新の高性能スマートフォンがアカデミックパックで27600円!』
⑤字幕『料金も分かりやすい!』
⑥台詞『それにね、ウィルコムなら基本料もパケット定額も分かりやすい!』
⑦字幕『ウィルコム定額プラン2900円』
⑧台詞『通話定額とメール定額の便利なプランが2900円!』
⑨字幕『パケット定額は2100円』
⑩台詞『それに2100円追加でパケットやインターネットも定額だ』
⑪字幕『更に1150円の割引も!』
⑫台詞『それだけじゃない!アドエス一括払いには1150円の割引も付く!』
⑬字幕『月額はなんと3850円!』
⑭台詞『月々3850円で何でもできる最強のスマートフォン!』
⑮台詞『ウィルコムでケータイをレベルアップさせよう!』
⑯例の音声『ウィルコーム』

てな感じ

もう、全編を通してべたべたで行くわけ
料金も全部はっきり言うわけだ
端末27600円・基本料2900円・オプション2100円・割引1150円
これで全て完結するのだから、はっきり言えば分かりやすいと思うし
全部込みで3850円ってのはとてもインパクトの強い数字だ
何しろ、他社のパケット定額オプション単体よりも安いわけだしね

よその980円プランとかには大分苦戦しているウィルコムだけれども
これに張り合うのは正直分が悪すぎると思う
それよりむしろ、オプションまで込みのフルパック料金での強さを全面に押し出して
他社の高額利用者層を引き込む戦略にした方が効果てきめんだと思う

特に今のタイミングは、他社端末の値上がりを背景に
今まで以上に慎重に料金を見ている人たちが増えてきているから
ニュース番組あたりを中心にCMを流していけば
特に気にしているであろう層には力強く訴えられるんじゃないかな

料金に関しては余計な隠し立ても無いし
基本的にはこれ以外に何のオプションも付けずに利用できるわけだし
正直な商売で攻めるにはこれで十分だと思う

…つうか、学生をつかまえておくと後々強みになることは
よそでも既にこの6,7年で証明済みだしね
使わずに寝かせておく層ではなくて、積極的に使いまくる客層を押さえる意味でも
かなり大きな転機になるかと

このくらい強気でまっすぐなCMを
是非ともやって欲しいもんだなぁ…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-03 04:08 | WILLCOM話

WILLCOM話:端末代に通話料含む

まいど
タッチパネルの利かなくなったesを修理に出し、代替機として003を借りて
何とか一時的に使える状態に復帰!
この猶予期間の間に、次の端末をどうするか考えることになった

一応選択としては
①中古でesのみを買う
…支払いは約10000円・最終的な負担も約10000円
…メリット機種変期間が保たれる事・デメリットは故障の危険と保証のなさ
②WVS一括でesの新品を買う
…支払いは40320円・最終的な負担は約8000円の戻り(ポイント10%やサポートコインのキャッシュバック)
…メリットは一番金銭負担が軽い・デメリットは2年間これでいく必要あり機種変期間もリセット
③WVS一括でドSを買う
…支払いは51120円・最終的な負担は約15000円(同じくポイントやコイン利用)
…メリットは最新機種を持てること・デメリットは機種変期間のリセット

てな感じで、修理を出した帰りにいろいろなお店を見ながら考えてきた
某量販店では火曜・水曜で20%ポイント還元とかやっていて惹かれたけど
とりあえず今週は偵察だけ
いずれにしろ、見積もり待ちではあるんだけど…

以前003の電源が入らなくなった時のように
内部のフレキシブルケーブルなんかの交換だけで済めば
それが一番手頃でいいんだけど
タッチパネル交換だと15000円以上するという話だから
そうなると買い替えの方が良くなっちゃうしね

もう一つの選択として、タッチパネルが駄目なまましばらく我慢
ってのもあったんだけど、これはあっさり却下になってしまった
というのも
プラザの店員さん曰く
『ソフトウェアの不具合も考えられ、フルリセットで直る事もあります』
としてフルリセットをかけてみたところ
…再起動中のタッチパネルの再設定の所で、操作不能になって終了…orz
いずれにせよ修理に出す外なくなってしまった

…やれやれ

でもいろいろ考えていると、”外側”の機種変にばかり気を取られていて
中のW-SIMの機種変リセットの事をあまり気にしていなかったんだよね

確かに、W-ZERO3シリーズに関してはドSが出たばかりだから
今までの例からいっても、半年も経たないこの年末に新機種は無いと思う
どんなに頑張っても、春だろうなぁ、と
でも、W-SIMに関して考えてみると、RX420ALが出てからもうすぐ1年
様々な展示会でも、GPS対応・プログラム対応・大容量メモリー入り
この辺は既に完成品が触れる状態になっていたし
Type-G対応のSIMもそろそろ出てもいい頃合かもしれないし
その辺を考えると、今変更してしまうのはタイミングが悪い気がする

まだWILLCOMは冬モデルの発表をしてないからね
それこそ何が来るか分からない
…ああ、そうそう、naniが来るんだっけ、そろそろ

そう考えると、差し当たっては中古のesでもうしばらく粘って
新機種の発表を待ってみようかなぁ…
という結論に傾きつつあるのだ

やっぱり新しいSIMが出れば、それに伴った新機種もあるよねぇ、多分
新型ZERO3が早く来ないかなぁ…

さてと、そんな端末の買い方をあれこれ考えているうちに
また一風変わった買い方をしてもいいんじゃないかな、と思ったので
今回はそれを本題としてみようかな

というか、最近の業界の話題として、販売奨励金を排除して
端末代と通信費用の分離を図ろう、というものがある
とはいえ、他のいわゆる携帯電話陣営を見ていると
単に拘束が強くなるだけで、始まる前から失敗ムードが漂っている

それに比べると、WVSのシステムはそれに逆らっているようには思えるけど
よくよく考えてみると、一括で買えばインセ分は割り引かれるよ、てな捉え方もできるし
更に穿った見方をすれば
早めに端末代を払えば、以後はほとんどお金をかけずに維持できる
てな場合もある

例えば、初代W-ZERO3であるWS003SHなんかの場合ね
一括で50400円を払ってしまえば、毎月2100円の割引になるから
ウィルコム定額プランのファミリーパックだったりすると
基本料2200円-割引2100円=月額100円、という
世にも奇妙な料金になってしまう

そこで、これを更に推し進める買い方を導入するってのはどうだろう?

例えば、ウィルコム定額プランファミリーパック2200円を基準として
ここにパケット定額オプションのリアルインターネットプラス2100円を追加
これで月額4300円の基本支払いになるわけだけども
端末を買う時に、これを月額分4000円扱いにして2年分
つまり、4000x24=96000円まとめて一括で払えるようにしてしまうのだ
そうしたら、以後2年間は通話料のみ課金の状態になって
対ウィルコム回線の通話・メール・webだけで済ます分には
2年間無料ということにしてしまうのだ

…あ、もちろん、ユニバーサルサービス料だけは例外ね
あれはウィルコムのサービスとは何にも関係ないし

これはWVSの拡張オプションとして導入してしまえば
当然端末料もこの中に含むことになるから、上位機種ほど使いやすくなるかな

また、webを一切しない利用者に対しては
単独回線でウィルコム定額プランを使う場合、2900円の基本料に対して
ちょっとだけ割り引いて、2700円の月額換算にして
2700x24=64800円を一括で支払ってしまえば
これまた以後2年間は基本使用料無料、てな買い方もありかな

まぁ、要するにプリペイド端末なわけだけど
従来のプリペイドと言うと、ただ単に待ち受けのためだけに持つ
という使われ方が主で、端末も専用の弱い機種ばかりだった
これは、完全に昨日をフルで使いまくる事を想定しつつ
きちんとお金は払うけども、月額基本料無料というすごい売り文句を成立させる
力技ってわけだ

一見すると、『でも最初に96000円とか64800円って高くね?』
とは思う数字だろうけど、2年分の全額前払い+端末代金全て込みなら
おかしな数字ではないと思うし
何より、量販店によってはここに10%とかのポイントサービスが付いちゃったりするし
悪くない取引だと思うな

それから、これは子供向け端末販売としても有効だと思う
この支払いに伴って、サービスの利用制限も付けるのだ
96000円のフルカウントの方で申し込めば、通話制限を付けられるようにして
070番号と、最初に登録した一つの番号(自宅固定や親の携帯とか)のみ可能で
それ以外の番号にかけられないようにすれば
ほぼ完全に追加料金が発生しない契約状態を作れるわけだ
これなら、子供に持たせて使いまくられたとしても、料金に問題は無い

または、64800円のシンプルカウントの方では
フルカウント同様の通話制限と、webパケット全般の利用制限を付ければ
これまた、軽い使い方をする人にとっては料金的に完結した契約になり
非常に持ちやすくなると思う

新入学シーズンに向けて、こういう力ずくなWVSの強化があったもいいかな…
新機種の気配が感じられないので、販売政策の方で独自性を強めて欲しいなぁ
なんてね

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-02 18:43 | WILLCOM話

WILLCOM話:W-SIMジャケットジャケット

まいど
土曜日はまた、ちと困ってしまった
esのタッチパネルが利かなくなってしまったのだ
朝の時点でキーボードを出すとタッチパネルが駄目になって
リセットして閉まった状態では大丈夫だったから平気かなと思ったら
ちょっと触ってるうちに縦でも駄目になってしまった…
(´・ω・`)しょぼーん

もちろん修理に出しに行くけれども、代替機が問題なんだよね
なもんで、これを機に中古で1万円前後のesをもう一台買ってしまうか
それとも、いっそのことWVSで改めてesに機種変しちゃおうか
どうしようかなぁ…

ちょっと前までは2回線目の方でWX320Tに気を取られていたけど
esをWVS利用で購入ってのは、ものすごくお得っぽいのよね
WX320Tが一括35520円なのに対して、esは40320円
4800円しか違わないし…
ドSと違って型落ちものだからか、WVSの割引で最終的には0円相殺だし
今なら機種変手数料が無料な上にコイン5枚付くし…

そもそも、今の赤耳もかなり調子悪いもんだから、変えちゃおうかなぁ…
青耳+esにすることで通話が改善するなら、いいんだけど…

ああ、ちなみに横道に反れておくと
これまでもes+赤耳では調子の悪い事が多々あって
特に10月に入ってから、電話帳データを作った後からかなり悪化
サスペンドから戻るとサインアップ情報が消滅していたり
一度回線を切断すると、以降接続不可能になったり
何故か都内では不具合が起きないのに、自宅ではまるで駄目
全く、困った状態だったのだ

何となくだけど、理由は複合的っぽくて
①esの配線系トラブル(これはタッチパネルに影響)
②esとの相性問題
③esのメモリーエリアってリークしてるっぽい?
④近所の基地局がそろそろ壊れてるかも?
⑤近所でホームアンテナを使っている家が邪魔してる?
(これはLejeの通話を悪化・赤耳の接続性も悪化)
とまぁ、かなりの要因が重なってるっぽいんだよね

新しく青耳+esにすれば、あらかた解消されないかなぁ
どうなんだろうなぁ…
評判では、青耳は真面目で粘り強いけど、感度が鈍いとか
赤耳は感度がいいけど、不安定で暴走気味だと言われているし
ウウム…

無印後継がいつ来るか分からないから、機種変期間を保持したい気もするけど
待っていてもまだまだ来ない気もするしなぁ…
'`,、(´∀`) '`,、

冬の新機種発表はまだかしら…?

さてと、元々書こうと思っていたのもW-SIM絡みの話だったんだけど
ちょうどよくesが故障したもんで、うまい具合に前振りになってしまった
と言う訳で、ここから本題

前々からちょこちょこ話題にはなることもあったんだけど
W-SIMのジャケットとして、家庭用据え置きの黒電話があるといいなぁ
なんて話に関するのが、今回の話題だ

でもまぁ、ジャケットそのものはW-SIMの契約をしている会社が作るもんで
そう簡単にジャケットとしての黒電話機は出て来れないのも事実だ

なので、発想をもう一段変えて、周辺機器としての黒電話を考えてみた

esやドSはUSBホストの機能を持っているから
ある程度外部機器は、主に電源の問題がなければ使えることになっている
だったらそれを利用して、USB機器としての黒電話を作ってみたらどうだろう?

動作はこんな感じだ
①[esなど]…(USBケーブル)…[黒電話]と接続
②esに着信があると、黒電話へデータを伝達
③黒電話の呼び出しベルが鳴る、esは鳴らない
④黒電話で受話器を取ると、そのデータを受けてesと通話状態になる
⑤es-黒電話間は音声データのやりとりをする
⑥esではUSBから来る音声データをW-SIM経由で電波通信
⑦黒電話でダイヤルをすると、es上でダイヤルしたのと同じ扱い
⑧黒電話のオンフック・オフフック状態は、esでも同様の扱い
てな感じ

まぁ、esから見ればUSB接続の通話子機って位置付けだね

細かい話をすれば、黒電話側に自前のバッテリーを搭載して
更に内部の容積が結構あることを利用して、esを収納できるといいかな

W-SIMジャケットではなくてUSB子機として扱うことで
WILLCOM以外のスマートフォンと組み合わせられるメリットも出るかも
それに、W-SIM機器ではないから更に開発は楽になると思うしね

WILLCOMと全然関係ない会社でもいいから、作ってみないかなぁ…

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-11-02 04:02 | WILLCOM話

WILLCOM話:ウィルコムカラー

まいど
月曜に、近所の本屋に併設されている電話コーナーで
WX320Tピンクのモックを見てきた
色合いはWX310Kのノーブルピンクよりは濃くてはっきりしていて
DSのメタリックロゼと比べてどうだろう?、と思ったけど
あれみたいに黒ずんだ感じはしないし
軽めではっきりした色合いがなかなか良いかもなぁ、って感じだった
黒や紺のスーツと合いそうな気もしたから、割りかし男性向きに売れたりして

さて、で今回はそんな色を見比べていて、端末の色のことで考えてみた

先週知人と話をしていて
某社の携帯を使ってるけど、機種変をしようにもいいのがないなぁ
って話題になったんだけど
この話をよく聞いてみると、色が地味なのばっかりで嫌みたいなんだよね
…ちなみにその子が今使ってるのは、黄色の端末だし

売り場を眺めてみると、デザイン系の端末でないと鮮やかな色はほとんどなくて
大概は、白・黒・銀・ピンクあたりで何とかやりくりしている感じだ
個人的には白が好きなんで大して気にも留めなかったけど
はっきりした色が好みだと、選択の幅が狭いんだろうなぁ、と気付いたり

とはいえ、やっぱり売れ筋の色ってのもあるらしくて
無難にそこそこ売れる色、って事では白・黒になってしまう
なんて話もどこかで聞いた様な気もするけどね

それで、WILLCOMでの話なんだけど
やっぱり業界では小さな勢力だけあって、冒険は難しく
WILLCOMになってから出た端末で、色で目を引くと思ったのは
nine・WX310Kのオレンジ・WX320Kの緑や紫、といってくらいかな
この辺りの機種は、他社を利用している人にパンフを見せてみると
真っ先に目を引く物である率が高い様な気がしているから
色の戦略としては良い線いってるんだろうなぁ、とは思う

ところで、WILLCOM自体が持っているブランドカラーもあるにはあるよね
単色で行く場合は青で、端末の化粧箱やスタッフジャンパーはこれ
そんで多色だと、赤・青・黄・緑の四色で、パンフレットなどはこれだ
…四色の方は、あまり役に立ってない気もするけど、まぁいいや(笑)

これ、せっかくだから、端末の色にブランドカラーを必ず使うといいんじゃないかと思うんだよね
WILLCOM自体のブランドイメージの定着がいまいち弱いわけだから
『この色の電話機を見たらWILLCOM!』という強い印象を残すために
あのはっきりした四色を必ず使うことで、印象深いアピールが出来るかも?

古参の、PC優先なユーザーにとっては、機械の色は興味の対象になりにくいけど
これからの、言わば他社から引き抜いてくるユーザーにとっては
素敵な装備品としての側面は強いから、とにかく印象を強くする必要があるわけで
他社が地味な色にしている今こそ
他社がやらない事をする、という言い訳で取り組んでみるのも
一つの挑戦じゃないかなぁ…

ピカチュウカラーのDSLiteなんかを使っていて思うけど
こう、鮮烈な色使いの端末ってのも、なかなか良いと思うしね

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-10-24 06:34 | WILLCOM話

WILLCOM話:W-ZERO3公式カスタマイズサイト

まいど
この10月は携帯電話会社の料金政策について大きな動きが続いている気がする
WILLCOMはWVSの料金がほぼ相殺されるように変わったし
端末が高くなる代わりに微妙に安いプランを発表した所もあるし
これから残り2社も似たような動きがあるとかないとか…

んで、この微妙プランを出した会社で新機種発表があって
身の回りでも、機種変更への不安を話す人は現れてきた

いや、単純に、機種変更への抵抗感がぐっと高まったみたい
どうせ料金であまり無理が出来ないから、新しい販売方法はかなりの負担みたい
つうか、新機種での最低価格ラインが1万円台半ばらしいから
シンプルなプランにするには、3万円台半ばの初期投資になるしね

現状の機種販売価格でも、変更だと2万円程度するから
実のところ結局あまり変わらなくなるし
分かりづらくなるだけ、って思うのが第一印象だ

そんな話の中で、試しにWILLCOMのWVS一括購入時価格と
そういうシンプルっぽい雰囲気のプランとを比べてみた

そのプランでは、端末をまず3万円台半ばから4万円超で買って
月額1050円か2625円の料金で維持する事になるらしく
それに対して、もしWVSでWX320Tを一括購入した場合は
最初に35520円で買って、毎月1480円の割引が付くから
定額プランなら、基本料は2900-1480=1420円になるし
待ち受け専用で割り切って昼得コースにすると
基本料は初年度で2079-1480=599円になってしまう

いや、これってもしかして、意味が薄れてきたと思われていた古いプランが
にわかに意味を持ち始めて来ちゃったとか、そういうことかも?

シンプルっぽい雰囲気プランの2625円の方は通話料が10円/分だけど
これって、WILLCOMでは標準コースの2835円(年間契約で2409円)とほぼ同水準
んで、WVSでは割引で1355円(年間契約で929円)になってしまう

こういう買い方を望む人ってのはほとんど使わずに待ち受け専用の人が多いみたいだから
定額プランの通話定額は完全に無視するとしても、結構持ちやすい価格ラインだと思う

それに、ここでメールの話を持ち込むと情勢はもっとWILLCOMに傾くかな
あちらではweb使用料を追加すると、最低で1365円
WILLCOMのWX320Tの場合では、依然として1420円
しかもメールは完全無料

WILLCOMは、こういう価格の詳細を店頭パンフレットで明示すれば
選ぶお客さんは増えると思うんだよね

…今は他社の情勢がゆがみ始めているから
正に攻め時なんじゃないかなぁ…
WX320Tなんか特に、売り込みしやすいと思うしね

…と、ここまでが第一の話題
ここからが、本題というか、タイトルを付けた話題

やっぱり宣伝・PRに関わる話なんだけど
WILLCOMとしては現状だとドSを主体に打っているけど
それが甘いなぁ、と思う事が多いんだよね

W-ZERO3の系統は様々なカスタマイズが魅力であると同時に
それが最大の障壁でもあると思う
発売以前から目を付けて追いかけてきた身としては、あらかた押さえているけど
それでも取りこぼしている情報も結構多いもの
それを、これから新たに手を出そうとする人がやるのは
正直、ものすごく辛いんじゃないかなぁ

本当に売り広めるんなら、そういうカスタマイズサイトを公式メニューに入れて
ClubAir-EDGEの中から大抵のアプリをそろえられるようにするといいと思うのよ
WILLCOMが各ソフトの製作者と個別に提携をして
気軽にダウンロードを出来る環境を整えて
そして、使い方も丁寧に解説すれば、新規の人も使いやすいはず

そして、更に追加として、esのPremiumであったホームメニューを
いくつかのバージョンで揃えて欲しいとも思うかな

結構、音楽・ムービー端末としてW-ZERO3に目を向ける人もいるから
そういう人にとっては、専用のインターフェイスがあると取っつきやすくなって
音楽プレイヤーやムービー端末の簡易と本格派の中間みたいな感じで
手を出す人も増えると思うんだよね

いや、冗談抜きで、他社の携帯電話よりはこの手の性能は強力だから
手出しをしやすくすること、そのためのインターフェイスを用意することは
すごく重要、いやまったくもって

てなわけで、使い易いインターフェイスとしてのホームメニューの強化と
様々なカスタマイズ情報を整頓した公式サイト
是非とも力を注いで欲しいものだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-10-21 00:04 | WILLCOM話

WILLCOM話:WVS更に強化策

まいど
近頃ちらほらと目に付いたり耳にしたりする頻度が増えているけど
WILLCOMの店頭販売拠点が減りつつある、なんて話がある
WVSの新規適用を決めた辺りから多くなってきている気がするから
販売奨励金・インセンティブの問題なのかな、と推測はしている

元々、WILLCOMのインセは他社に比べて大分少ないという話はあったけど
多分、これをきっかけにして、また一段と下がったんだろうなぁ
同じくインセを減らしているとの噂のある大手が勢いを失っているし
その一方で、問答無用でインセを力一杯投入している残りの勢いから見るに
販売店も、日銭を稼ぐのに大変なんだろうなぁ、と思っている

まぁねぇ、本来は5,6万円はするであろう精密機器を
店頭一括で25000円程度に抑えている価格設定をした上に
それを0円で売っても(売る、という表現は違う気もするけど)
なお1,2万円は店での利益が出るような、そんなインセを出す所もあるという噂だし
資金面で弱いWILLCOMに、そんな事は不可能だわねぇ…

そんなところから、WVSをもっと利用しやすくなるような改良が出来ないものかと
またしても考えてみることにした

現状でのWVSは、名目上は購入時の端末負担を減らして
それで加入をしやすくするのが目的であると説明されていて
その反面、一括での購入に利点が感じられなかったり
店側でもお金の動きがないので手続きが煩雑になるのに売り上げにうまみがない
という感じに問題点の方が重くなっているわけだ

なら、一括購入に大きな利点を設定をすればいいんだよね

そこで考えたのが、一括購入に限りWVSの割引を永続にする、という対策だ
今の方式ではWVSが2年制の割賦であるせいで
2年間は端末負担金を相殺する割引がなされるけど
それ以後は割引もなくなって通常の使用料金に戻る

でもこの割引ってのは、端末インセの原資分をまかなうのと同じなので
端末購入の金額分を払い切ったら、なくなってしかるべき、ってはずなんだよね
つうか、不透明なインセを排除すべし、て動きは
この部分のユーザーへの負担を無くすのも意図に入っているわけだし

これを、一括で購入した場合に限り、割引を永続化すると
見えないインセを一つ排除したことになると思うんだよね

それに加えて、料金プランに一つの強みが出てくるのだ
例えば、オプション付きやつなぎ放題系で2100円/月の割引が
または、オプションなしで1050円/月の割引があるとすると
定額プラン+通話パックの場合なら…
2900 + 1050 - 2100 = 1850円/月となって
それで1260円分の無料通話付きという結構凄いプランになるし
定額プラン+リアルインターネットプラスだと…
2900 + 2100 - 2100 = 2900円/月となって
それでパケットまで含めて定額という、これまた恐るべき料金になる

更に、定額プラン+通話パック+つなぎ放題のマルチパックだと…
2200 + 1050 + 3400 - 2100x2 =2450円/月となって
2台持って、どちらもメール定額で、通話もパケット定額という
おかしな料金になってしまう

…まぁ、そのためにはその前に一括で4万円x2くらいは払うんだけどね

でも、これにはもう一つ大きな利点がある
それは、長期利用者の優遇、てやつだ

この方式は、一括で購入して使い続ければずっと割引になるおかげで
端末購入分を相殺したと言える時期が過ぎて、それ以降からが
本当にお得になると言えるわけで
端末が致命的に壊れたりしない限りは、ずっと使い続ければいいのだ

データカード系ユーザーや、単純な通話ユーザーにとっては
こういう方式の方が利点が大きく見えていいんじゃないかな?
金額もシンプルになるしね

そんなこんなで、WVSの更なる強化がされることを期待してみたいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-09-13 17:26 | WILLCOM話

WILLCOM話:定額プラン相互かけ放題

まいど
ここのところ暑い日と寒い日の差が激しくなっていて
何というか微妙に体調が変な感じがする
体調が悪い、というよりは、悪くなりそうな瀬戸際を漂っているっていうか
疲れているって訳でもないのに、やたらと眠くなったり
風邪を引く二,三歩手前な感じで、『今日は休んでおかないとまずい気がする』とか…

単純に体力が落ちてるのかもなぁ…
筋トレとかで出力は上がっているけど、スタミナが減っているって言うか…
まぁ、ここ十数年、慢性的に塩分が足りないとは思うんだけどね

そんなこんなでどうも気分が乗らないので
今回は軽い話題を

ウィルコム定額プランが始まってから早2年と4ヶ月
開始当初に、定額通話という所にだけ飛びついてきたユーザーも
2年もすると端末が弱まってきていて、交換の時期なんだろうけど
そもそもそういう入り方をしたユーザーってば、値段しか見てなくて
んでもって受け身な感じの人も多いような印象なんだけど
この機種変更の機に、端末が高いからとかいろいろな理由で
結局WILLCOM契約から離れて行っているような動向が感じられる

サービスの種類を理解すれば便利に使えるのになぁ、とは思うけど
そういう意識がなくて通話にしか使わない人が結構いたらしいから
そりゃ、何の機能・サービスも使わないなら、何を買っても高いかも、と思う

WILLCOMでWX320K/Rのような、ある意味最低限ぎりぎり端末が出るのは
そういう所を踏まえてなのかも、と最近思うようにもなってる
下手をすると、使わない人にとっては、nineでも高過ぎるとか言いそう…、とか

WILLCOMが宣伝しないからなのか何なのか
せっかくほとんどの機種に制限の甘いフルブラウザが付いているのに
2台持ちで、ブラウザも携帯電話で利用する、って場合も多いって聞くし

とはいえ、WILLCOMがこれから伸ばしていくのは
やっぱり、いろいろなサービスに制限がないことを中心にして
少しずつ広めてイメージを良くしていくのがいいのかな
なんても思うのだ

そんなこんなで本題はかなり単純なんだけど
ウィルコム定額プランを、現状の『定額プランから070へ』が定額通話
ってところから、更に
『070から定額プランへ』も定額通話
っていう風に拡張するのって、些細だけど良い自由化だと思うんだよね

というのも、どうせ定額プランが絡んで通話するときは
非定額側から一旦呼び出して、その後定額側からかけ直すのが普通
そしてそのどちらもWILLCOM網でのやりとりなんだから
ネットワークを流れるデータに関しては全く同じだと思うわけ
通話記録でも、発話側と受話側の情報はしっかり管理されてるのだから
どっちかが定額なのは簡単に判別できると思うしね

で、これが対応してくれれば、かけ直しの手間が省けることになるんで
ほんのちょっとだけど、通話定額の使いやすさも向上すると思う

一番大きいのは、つなぎ放題や安心だフォン契約からかけても
相手が定額プランなら無料で話せるようになるわけで
定額の話に入りやすくなると思うんだ

ちょっといんちき臭い論法を使えば
①月額1029円(安心だフォン)で24時間定額通話の仲間入りが出来る
とか
②月額4263円(つなぎ放題,年契約,AB割)だけでパケット定額な上
24時間定額通話の仲間入りが出来る
とかね

特に、家族で子供にpapipo!を持たせたり、学生グループで持ったり
元々WILLCOM契約の話し相手がいる環境では
その仲間入りのところで、半歩くらいは背中を押せるんじゃないかと(笑)

現状の料金とかに全く手を入れる必要のない改訂だから
是非ともやって欲しいなぁ、と思うところだ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2007-09-10 16:47 | WILLCOM話