<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

WILLCOM話:超長時間電話機

まいど
W-SIMを利用した電話機で、どこまでいけるか
実に極端なことを思いついたので、それを

現在、W-ZERO3を利用しているため
いざという時のために外付けでバッテリーを持ち歩いている
130gで、5V出力2800mAhというなかなかの大容量
今は、本体のバッテリーが切れると、これで充電しているというわけ

でも

バッテリーに直接W-SIMを挿して、受取専用電話機にできたら
一体どんなもんだろうかなぁ?

昔、3.7V480mAh程度のバッテリーで
待ち受け700時間・通話7時間レベルの端末はあった
単純比較で8倍程度の容量はあるし
画面もボタンもほとんどないとなれば、もっと余裕ありそう
待ち受け6000時間・通話60時間とかいけるかな…?

結局何が言いたいかというと、予備電源を持つ人も多い昨今
それ自体に電話機能があっても面白いかも、ってこと
つうか、待ち受け250日もあれば、災害時とかに威力を…?

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-30 03:59 | WILLCOM話

WILLCOM話:やっぱりスカウターが欲しいなぁ

まいど
バイク乗りの人たちを見ていて思うこと
彼らは、運転中にツーリング仲間と話をしたいと
思ってるんじゃないかなぁ、と

フルフェイスヘルメットにW-SIMを挿して通話できたら
結構面白いんじゃないかなぁ
通話・終話・上下キーだけ装備すれば
操作も簡単だし

つうか、それをより一般的にして日常にも使えるように
スカウター型端末を出してくれると、もっと面白そう
デジカメ機能を装備して、視界に移ってるものを撮影
移ってるものをインチキ解析して、画面に戦闘力を表示…
メニュー・終話・上下・決定/撮影のキーだけあれば行けそうかも

PaPiPoに続くバンダイ鮭に勝手に期待してみよう♪

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-27 12:18 | WILLCOM話

機械話:話題を与える装置

まいど
田舎では、とはいっても、豊かな田園の広がる田舎ではなく
特に産業はないけど、住宅地だけはあるような小さな町では
日中、いい歳をしたおばさま達が犬に引っ張られて散歩をするというか
道端で適当な立ち話をしている光景を、よく目にする

この「犬」と、TVと携帯電話とは
もしかしたら大きな共通点があるのではないかと思ったので
そんな話を

共通点とは、「話題を提供する話の種」だということ

おばさま達の話題といえば
「お子さんどこの学校?」「お孫さんは元気?」みたいな話が多く
そういう時期を過ぎてしまうと
「可愛いわんちゃんね。」
くらいしかないようだ

まぁ、総じて、自分から話題を作り出して提供するということが
苦手なのかもしれない
話題の本は片っ端から読む、という読書家の人たちで
国語が得意という人が少ないのも、そういう現れだろうし

TVも同様だろう
電源を入れれば、向こうが次々に話題を押し出してくれる
…敢えて、情報とは言わないことにするけれど

携帯電話も、同じようなもの
ドコモやauが大きなシェアを持った理由の一つには
向こうからどんどん話題を提供して、「話についてこさせた」
というのも、あると思う

一方WILLCOMがシェアを取れなかったのは、その裏返しだろう
工夫次第でいろいろできる環境を提供してくれるキャリアだけれど
それってつまり、向こうから話題を提供してはくれないわけで
自分で話題を作れない人たちは、やってこないのだと思う

音声定額はいいサービスだなぁ、とは思うけれど
その電話をかける側には、自分から話題を作り出す能力が要るから
いわゆる三大キャリアに先に手を出した人たちにとっては
そもそもそういう能力に向いてないわけだから
いくら定額で話せるようになっても、使いようがないのかもしれない

パソコンが、数こそは普及したけれど
言語を操りプログラムを組む、という時代は日陰者で
インターネットという話題の普及で急に広まったのも
同じような事情なんだろうなぁ…

商売としては、TV業界も携帯業界も同じようなことをしていて
同じように客を集めているのだから
そりゃ、携帯が普及すればTV業界の取り分も減るだろうな
と思う

基本的に、消費者は情報に対して受け身なわけだから
積極的に話題を押し出して、次々に見せられる携帯の方が
TVよりも分があるんだろうけど

携帯のメールが大して送信できなくてもよかったり
通話系の機能がさほど重要視されなかったりというのは
要は、自分から情報を出すことがないわけだから
必要ないんだろうなぁ…

携帯の端末が次から次へと発売されるのも
話題を提供する商売として、必要不可欠なものと言えるかもしれない
WILLCOMはその点でも、話題を押し出すキャリアではないし
でも、ユーザーは自分たちから引っ張る層だからちょうどいいのかも

てなことを考えてみると、携帯電話業界のシェアというのは
各社のサービス提供能力というよりは
そもそも日本人の情報に対する姿勢で
ほとんど決まるような気もする
裏を返せば、シェア分布・所持分布を見れば
情報を作る側に要るのか、情報をもらう側にいるのか
判断材料になるのかもしれない

…ならないかもしれないけど

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-26 09:24 | 機械話

WILLCOM話:地味だけどやってほしいサービス

まいど
2000年冬に一斉に出された、feelH"端末群
今思い返しても、革新的すぎるものばかりだったなぁと思う
中でも個人的に思い入れが深いのが、Panasonicのル・モテ

5年も前のモデルでありながら、SDカードスロットを積み
添付ファイルが単体で1MB弱扱えてしまうという超仕様
ボイスレコーダーも搭載していたり、カラオケも高音質だったり
メールが3秒で送れたり、10000文字受け取れたり…
ここにフルブラウザさえ追加されれば、現在でも第一線級の実力

そんなこと思い出して、ふと思いついたこと
現行モデルは、W-ZERO3以外、添付制限350kBなので
これを拡大してほしいなぁ、って

端末から巨大なファイルを送受信できるってことは
扱うデータが多彩になった今となっては、重要なことだと思う
現在のメールBOXは1MBらしいけど、これも3-5MB程度には増やして
添付ファイルもBOX限界までOKってしてほしいなぁ

有料でオンラインストレージサービスをやってくれてもありがたいなぁ
ネットワーク業者ならではの新サービス
こう言うところが希望ではあるのだけれど
どうかなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-24 04:45 | WILLCOM話

機械話:ワンセグ搭載デジカメ

まいど
現在のところ、ワンセグを気楽に見られる端末は携帯くらいで
いまいち普及する気配が足りないなぁと思うけど
じゃあ、ワンセグ視聴に適したものって何だろう?

そこで思ったのが、デジカメ
そもそも、デジカメの画面は、撮った写真をみるビューアとして搭載され
デジカメ本体の高画質化に伴って、大型化・高精細化されてきた
今では、3型・VGAクラスのものが主流になっている

対して、携帯電話では、2.4型QVGAが主流である
(どうでもいいけど、QVGAよりCGAという言い方の方が好み)
TVを楽しむにはサイズが不足していると感じられる

また、バッテリの点でも、デジカメに有利なことがある
常に電源を入れ続ける必要のある電話機に対して
必要な時にだけ入れればよく、消耗しきっても問題ない
それに、乾電池駆動の端末も比較的人気があるため
長時間利用にも安心感がある

もっとも、今春からサービス提供が始まったものだから
現在は携帯ユーザーたちの利用動向を見ていて
開発するとしてもこれからの話になるだろうし
実際に商品が出るのは、来春以降なんだろうなぁとは思うけれど

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-23 02:22 | 機械話

WILLCOM話:常駐型オンラインゲームでも

まいど
WILLCOM、というか旧DDIPocketからのユーザーにとっては
昔からよくあることとして認識されているけれど
携帯業界のサービスは、まずPHSで始まり
その後で、「携帯初」の触れ込みで他社がやる、というのが
繰り返される歴史だったりする

今のところ、「携帯」では追随してきてないサービスが
音声定額、ってことになるのかな
じゃあ、ってことで、次なる一手として
やはり他社がやれないサービスって何だろうと考えてみた

それは、「多人数同時プレイ型のオンラインゲーム」
これは、インターネット回線つなぎ放題と
位置情報サービスを連動したコンテンツとでもすればいいかな
お題は、「ドラゴンボールオンライン」

どういうゲームかというと、キャラクター育成式の格闘ゲームかな
マップを移動しつつ、NPCやPCと戦って経験値や技カードを集め
ドラゴンボールを探して旅をするわけ

ここで、従来のゲームと大きく違うのが、現実の地理とリンクするということ
位置情報を使い、近くにユーザーがいればそれを感知
地図にはどの辺に何人いるかが表示されたり
ドラゴンボールがどこに落ちているか表示されたり…

つまり、ドラゴンボールを手に入れるために
現実世界での移動も絡んでくる、と

バンダイ、やってくれないかなぁ…
あ、男塾オンラインとかでもいいや(笑)

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-22 02:31 | WILLCOM話

WILLCOM話:BASIC端末とBASICマガジンの続き

まいど
そういえば、普通にベーシック端末という言い方をすると
携帯の世界では、基本機能に重点を置いた端末
または、機能が簡素な端末、ってことになるんだよなぁ、と
プログラミング言語としてのBASICの方が馴染みあるけど…

さて、このBASICを扱う雑誌の事を、更に深く妄想してみた
販売携帯としては、電話料金のオプションとするのがよいかも
購読料は電話料金と共に払って、領収書と共に届く、と
昨今のコンテンツの料金を考えれば
一冊500円程度の雑誌は、さくっと払えるのでは?
しかもそれが、キャリア公式の雑誌で、神降臨の場となれば
WILLCOMのファン層が放っては置かないと思う

WILLCOMに濃い層がどのくらいいるか、という話にもなるけれど
DDIpocketの冬の時代を乗り越えてきたユーザーが
軽く150万人はいるわけだし、雑誌の読者数としては
申し分ない数字かもしれない

他のキャリアのやってない独自の取り組みと言う点からも
ユーザーのスキルを鍛えて、力あるユーザーに仕向けるというのも
ある意味で、建設的な囲い込み戦略じゃないかなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-20 06:26 | WILLCOM話

WILLCOM話:BASIC搭載端末など

まいど
携帯各社は、新機種を出すたびにいらない機能を付けるなぁ
と思うことがしばしば
そもそも、クレジット機能なんて、電話ならでも機械ならでもないし…

とはいえ
いらないどうでもいい機能なら、逆に思い切った発想の切り替えができる
かもしれないと思い、今回のお話

WILLCOMユーザーには、必要な機能をプログラムしてしまう
俗に『神』と称されるようなプログラマーたちがいる
そして、もちろん自分では作れないけれど
そういうアプリ製作に興味を持つユーザーも割といる

そもそも、DDIPocketが通信定額で生き延びたり
また、モバイルの目的で加入する古参ユーザーが多かったりと
WILLCOMの基盤客層は、基本的にPCをいじることが好きな模様
(もっとも、通話定額以降は、通話のみ目的の層だけれども)

そこで、WILLCOMは新機種にBASICインタプリタを搭載したら
特にこういった基盤ユーザーたちは歓迎するのではないかな
と思った次第
まぁ、単に個人的にも非常に嬉しい

それでもって、WILLCOM社直轄でBASICマガジンなる雑誌を出版
ユーザーからの投稿プログラムを掲載したり、神々のインタビューを載せたり
WILLCOMの電話機で使える多様なソフトウェアを紹介したり
そして、プログラマー初心者たちに、基礎の製作を伝授したり…

他社の利用者では、プログラマー率がぐっと少ないと思うけれど
WILLCOMでは、相当数、興味を示すユーザーがいると思うから
実現したらいいなぁ

ではでは
[PR]
by aoioe | 2006-06-19 05:06 | WILLCOM話